NEWS, 新着情報

業務用プラズマクラスター導入しました!

プラズマクラスターの導入により、スタッフと患者様が安心できる空間が実現できました!

導入施設:愛幸病院各病棟
導入目的:館内の衛生対策
空気環境の快適化
導入製品:壁掛けプラズマクラスター
空気清浄機 FU-M1000

導入前の課題
換気時、室温が著しく低下して、療養環境の室温変化が大きくなる。室内の臭いが気になることがあった。
導入後の変化
換気時の室温低下を最小限にでき、患者様に快適な環境を提供できるようになった。室内の臭いが気にならなくなった。

プラズマクラスターができること

空気清浄

高効率包み込み気流でイオンが空気全体に届く
左右の吹き出し口から壁に向かって吹き出す気流により、空間全体にプラズマクラスターイオンを放出。人が集まる空間や食品を扱う空間を清潔に保つことができます。
※当商品を適用空間の規定の取付け位置に設置して、部屋を商品の中心で2分割し、それぞれの運転モードでの運転・ルーバー角度を商品から、分割された空間の対角(床面)に向けた時に、分割されたそれぞれの空間の中央付近(床上から1.2m)の地点で吹き出されるイオン濃度の目安です。

風向き可変ルーバーで状況に合わせて調整できる
横ルーバーと縦ルーバーを装備し、空間に合わせて手動で角度を変更可能。
空間のレイアウトや製品の設置位置に合わせて細かく調整できます。

フィルター浄化

細かなハウスダストもキャッチするHEPAフィルター※1を搭載
0.3µmのハウスダストを99.97%※2以上集じんできるHEPAフィルターを搭載。ウイルス、アレル物質などを含んだハウスダストを10,000個吸い込んで3個しか残さない高性能のフィルターです。

※1 0.3μm(マイクロメートル)のチリ、ホコリを99.97%以上集じんするフィルターです。
※2 フィルターの除去性能です。部屋全体への除去性能とは異なります。
※3 1日にタバコの煙10本相当の粉じんを吸った場合、集じん能力が初期の50%になるまでの時間を目安としています。(「日本電機工業会規格(JEM1467)」による)
※4 1日にタバコの煙10本相当の粉じんを吸った場合、脱臭能力が初期の50%になるまでの時間を目安としています。(「日本電機工業会規格(JEM1467)」による)

その他の特徴

汚れを見張ってかしこく制御するニオイ/ホコリセンサー
ハウスダストやニオイによる空気の汚れ具合が一目で分かるモニター表示。
一年中安心してお使いいただけます。

世界初※1、プラズマクラスター技術で、空気中に浮遊する「新型コロナウイルス※2」の減少効果を実証